外部システム連携とは?

外部システム連携のメリット

マーケティングオートメーションは、各プロセスのアクションを自動化する仕組みです。ユーザーに対して、どんなアクションをしてきたか、見込み客に対して効果のあるタイミングで必要なコンテンツを届けるなどを自動で行えるようになります。様々な機能がありますが、その一つが外部システム連携がその一つです。文字通り外部システムと連携することによって、データのやり取りをリアルタイムで行うことができるようになり、スムーズな営業活動につなげていくことができます。名刺管理ツールなどに連携することで、名刺からわかるユーザーも属性情報を利用した広告を自動配信するなどの使い方も可能です。この機能を使いこなすことで、より集客しやすくなります。

外部システム連携を行うときの注意点

外部システム連携は使いこなせれば、営業の幅を広げることのできるツールです。しかし、外部システムと自社で利用している顧客情報とではデータが違う場合もあります。この機能を使いこなしたいという時には、この違いを解消する必要があります。外部ツールと連携する場合にはデータマッシュアップツールを使って複数のデータを分析しやすく工夫することで、より多くの情報を利用できます。ただし、外部システムと連携できたとしても、それのデータをしっかり活用できていない企業は多いとされています。データ連携だけではなく、マーケティングの観点からデータを扱うことが重要です。情報を活用できるスキルを身につけることも必要となります。